【お仕立てあがり】金魚(ピンク)

  • 27,000円(税込)
型番 YP-13-0001
定価 37,800円(税込)
数量

浴衣の柄としては定番のモーチーフを少しだけひねり、隠れた遊びを忍ばせた「古典を遊ぶ」ということをコンセプトに掲げたコレクションの中の「金魚柄」。

透け感のある白地という特徴を生かし、身頃の重なる部分は下前の柄がほんのりと透け、柄に奥行きが出ることをねらったこの柄。(リンク:イメージ写真)

素材にも、「空羽織(あきはおり)*」という変わり生地を使用しているため、清涼感がより際立つ逸品です。


水草で描かれた輪がつながる紋様は、どこか金魚すくいを連想させ、夏祭りや夏休みの楽しさを彷彿させます。

いつかは着用してみたいという声をよく耳にする白地の浴衣。ぜひこの夏にお試しください。

ピンクと赤の2色では、子供サイズも展開しております。ぜひあわせてご検討ください。

*空羽織
縦糸に隙間を作ることで、横糸の特徴を生かす技法です。縦糸がない部分は細い筋となって織物に残り、縦方向に波打つような独特の風合いが出ます。

【素材】
綿100%

【お手入れ方法】
手洗い、アイロン可

【使用上のご注意】
・摩擦、汗などで色がうつることもあります。
・共洗いは避け、すすぎは十分にして下さい。
・長時間水に浸さないでください。
・洗濯機洗いは、型崩れすることもあります。手洗いをオススメしておりますが、洗濯機洗いをする場合には、ネットに入れて洗うようにしてください。

【染色方法】
注染
*折りたたんだ布に、じょうろのような道具を使い、人間の手で上から染料を注いで着色する多色染めの技法です。布地の染色する部分に防染糊で「土手」をつくり、そこに染料を注ぎ込みます。注ぎ込まれた染料は布の下に配置されたコンプレッサーで吸い出され、注ぎ込む染料の量とコンプレッサーの操作により、染料の浸透度が決まります。また、染料が布地を通過するので、布地の表裏両面に染まり、柄が左右対称になるのが特徴です。注染のゆかたは非常に手間のかかる工芸品のため、工場で生産されたようなプリントの生地を見慣れた方 には、多少の染めむらや色飛びなどが難に見えることもありますが、人の手で1枚1枚染められた手作りの味として御理解いただければと思います。そのため、染められたタイミングにより、同じ色の商品でもグラデーションや色味の具合が多少異なることもありますが、ご了承ください。


【サイズ】
こちらの商品は、Mサイズ(身丈163cm/裄68cm/袖丈49cm/前巾25cm/後巾30cm)で、浴衣の状態に仕立て上がった商品となります。