帯留 松原智仁作 〈菊 六輪〉

  • 19,440円(税込)
型番 OD-MTBR-0902
数量(個)

気鋭の銀細工作家・松原智仁による、日本の四季を彩る花々をモチーフにした帯留シリーズです。
こちらの【菊 六輪】は、高貴なたたずまいを持ち、日本の秋の象徴である菊の花を、高さを変えて小型の半球形にぎゅっと集めた、ころんと愛らしいデザイン。
シーンを選ばず活用できるよう、伝統的な技法を取り入れながらも現代のファッション感覚を大切に創り上げました。

機能性が高く設計されているのも、この帯留の特長です。
緻密な花のデザインは損なわないまま、注意深く全体を丸みを帯びた形状にまとめてあるのは、袖などが触れても生地を引っ掛けにくく、着物を傷めないようにという心遣いを表した工夫。
また、帯に自然に沿うような、独自のカーブ形台座を使用していますので、帯留だけが浮き上がることもなく、帯や着物と一体感のある着こなしが楽しめます。

繊細な銀の線を縒り上げ、生み出された花模様の織りなす美しい光と影のゆらめきが、帯まわりに詩的な美しさをプラスし、季節感とクラス感を兼ね備えた着物姿に仕上げます。




【素材】
シルバー925、24k


【サイズ】
直径18mm×高さ12mm 


【使い方】
帯留はあらかじめ3分紐または2分紐に通しておき、通常どおりに帯締を結びます。結び目を背面のお太鼓の真ん中まで回し、結び目を帯の中に隠します。紐端は、帯締に挟み込んだり、リボン結びなど帯の中に隠しやすいように処理してください。最後に帯留めの位置を、正面の真ん中に調整すれば完成です。
※ コーディネートしやすい二部紐・三部紐はこちら


【ご注意】
この商品に関しましては、作家作品のため、基本的には受注生産とさせていただいております。
在庫状況次第で即納品も可能ですが、商品によっては、約3週間ほどお時間をいただく場合もございます。
具体的な着用予定をお考えの場合は、あらかじめメールなどで納期をご確認いただいてからご購入いただくことをお勧めいたします。

また、サイズに関しましては、あくまで参考サイズです。
実際の商品とは若干異なる場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。

あなたにおすすめの商品